レビトラは個人輸入でも買えます

格安でレビトラを購入したい方は個人輸入のネット通販がお得!

レビトラを個人輸入で購入するとは?

レビトラなどのED治療薬には厚生省の規制があって、EDクリニックなどの医療機関からの処方によって販売する事を義務付けられています。つまり一般的には、まず病院へ行って診察や検査を受け、担当医師の処方によってレビトラを購入します。この場合、ED治療には保険が効きませんから、診察料・検査料・薬代すべてが自己負担になります。ちなみに初診とレビトラ20mg錠1錠の料金は、トータル5000円程かかります。そこでレビトラだけを簡単に購入する方法もあります。それが個人輸入代行サービスによるネット通販サイトです。『レビトラ・販売』で検索を掛ければたくさんの通販サイトがヒットするでしょう。純正レビトラ20mg錠なら、1錠1500円ぐらいで購入できるのです。薬局での処方では2000円前後する事を思えばかなり格安だと言えるでしょう。もちろん合法的な購入方法ですので、自己責任という点をしっかり理解していれば、実にお得な方法です。

個人輸入によるネット通販の購入では限度や注意点があります

レビトラやレビトラのジェネリックは、個人輸入で海外医薬品の通販サイトから簡単に購入できます。しかも宅配ですから他人に知られずに入手できるメリットもあります。またインド製のジェネリック・レビトラであれば、20mg錠が1錠200円あたりで売っていて、オリジナルの10分の1の激安になります。それで利用者がどんどん増えているのが現状です。ただし個人輸入による購入方法には注意点があります。まず購入量ですが、個人使用という縛りがあるので、1度に購入できる量は一人が1ヶ月に使う量を上限としています。常識的には30錠までとなり、半年分をまとめてとか、友達の分も一緒に購入して送料等を浮かせる事はできません。もし1ヶ月を超える量を発注した場合、税関でその分を没収されてしまいますので気を付けてください。もちろん購入したレビトラは他人への譲渡や転売が固く禁止されています。また偽レビトラや危険な粗悪品を売っているサイトもあります。中には有効成分が全く配合されていないとか、廃棄する危険薬品をわざと混入させている製薬会社もあって、ちゃんと薬事法を守っている信頼できるサイトを選ばないと酷い目に合うかもしれません。この様に個人輸入には注意点がいくつもあります。特に粗悪品による健康被害に遭っても、行政に助けを求める事ができません。全て自己責任という事を理解しておく様にしましょう。
「2017年現在」