レビトラの飲酒による影響

レビトラと一緒に飲酒をしても大丈夫でしょうか?

レビトラは飲酒にそれほど影響されません

大人の関係のデートであれば、夜にお酒を飲むのは普通の事です。また夫婦間でセックスをする時も、その前にちょっと晩酌をするケースはとても多く見られます。ではそんな状況でED治療薬のレビトラを服用するとどうなるでしょうか?アルコールによって何かマイナス的な影響を受けるかどうか心配している方は少なくないでしょう。結論を言いますと、アルコール量が適量であれば、レビトラの勃起効果にほとんど影響はでません。ただしED治療のために処方される時には、最大限の効果を得るために担当医は飲酒を控えるように注意を加える事があります。これは副作用の増強や泥酔による失敗を避けるための予防手段であって、飲酒が薬の効果を阻害するという事ではないのです。実はアルコールが精神安定と血行アップのクスリである事も知っておくと良いでしょう。

レビトラの勃起作用をバックアップするアルコールの働き!

まずレビトラの効果について確認すると、勃起力を発揮する血管拡張効果があります。またアルコールも体温を上昇させ血行をアップさせる効果を持っていて、お酒を飲むと体が火照るのはそのためです。適量のアルコールはレビトラの働きをバックアップしてくれます。それから勃起には精神状態が重要なポイントで、性ホルモンが脳内にたっぷりと分泌され、性的興奮状態にならなければいけません。その点でアルコールは神経や筋肉を弛緩させ、全身をリラックスさせる効果に優れています。つまり性的刺激にスムーズに反応する状態を作ってくれるのです。ちなみにED治療薬はよく精神安定剤と一緒に処方されますが、レビトラにも精神安定効果はありません。アルコールはこの点でも良いサポーターになります。そこでレビトラを飲んで30分後あたりで飲酒する感じが良いでしょう。それだけあれば有効成分は十分に吸収されますので、アルコールが吸収を邪魔をする事はありません。

泥酔するとレビトラでも勃起させる事ができません

この様に適度な飲酒は性行為をスムーズに行うためには良い薬と言えます。ましてレビトラとの相互作用でも良い効果を発揮するパートナーにもなります。ただし、過度のアルコール摂取は完全に意識を飛ばしてしまう危険があります。そうすると脳内で性的興奮が起こらずに、全く勃起状態まで至らなくなってしまうのです。ですから、レビトラを服用したその後、ちょっとムード造り程度、緊張を解く程度の飲酒に留めておきましょう。