レビトラの購入方法

レビトラはどこで購入する事ができますか?

国内では専門クリニックの処方をもって薬局で!

日本では厚生省の認可を受けているED治療薬だけが、医療機関から処方されて正規の薬局などで購入する事が可能です。つまりEDクリニックなどへ行って診察を受け、その治療法としてのED治療薬・レビトラを処方してもらい、その処方箋をもって薬局などから購入する形です。つまり医師の管理の元での服用が義務付けられているという事です。その理由は、レビトラなどのED治療薬には強い副作用と併用禁忌の薬が複数存在していて、個人が間違って服用する事で健康被害が生じるからです。一般的な購入価格は、レビトラ10mg錠1錠が1500円前後、20mg錠で2000円前後となっています。ただしED治療そのものが保険適用外になっているために、診察料や検査料、そしてレビトラの購入料金は全て自己負担となります。また購入の度にクリニックへ行って診察を受け処方してもらう必要があり、面倒に感じる人もいるかもしれません。ですがEDを治すためには医師の診察が有効ですし、万が一の事態が生じた時に専門医のサポートは不可欠です。身の安全を考えるならば、医療機関からの購入が望ましいでしょう。

レビトラは個人輸入のネット通販でも購入可能

全てのED治療薬は海外モノを個人輸入で、ネット通販で購入する事ができます。もちろんレビトラもネット通販サイトを検索すれば格安販売品が見つかります。ちなみにレビトラ20㎎錠なら、1500円前後で販売されています。クリニック価格が2000円前後ですから25%オフで購入出来るという事です。またレビトラには、いわゆるジェネリック医薬品のブランドが多数販売されています。ただしバイエルンが所有するバルデナフィルの特許権が満了するのは2018年10月で、それまではインド製などの海賊版ジェネリックを購入する事になります。インドでは薬品系の特許権を認めていないために、一般的な解釈としては合法になります。また有効成分に関しては、オリジナルのレビトラと同等の効果を発揮しますので、価格が安い分だけユーザーにメリットがあるのは確かでしょう。

偽レビトラを購入してしまう危険

個人輸入によるレビトラ・レビトラジェネリックのネット購入の場合、注意しなければならないのが偽レビトラの存在です。悪質な場合は有効成分が皆無だとか、危険な廃棄薬が混入している事もあり、健康被害も発生しています。ただし個人輸入は自己責任で、行政の援助は受けられない事を知っておきましょう。
「2017年現在」