レビトラの禁忌

個人輸入者は是非知っておきたいレビトラの併用禁忌薬

レビトラには併用が危険な薬があります

ED治療薬・レビトラは結果的に血圧を下げる働きがあるために、実は併用が禁止されている薬が多数あります。つまり低血圧の方や治療薬によって低血圧状態になっている高血圧症の方や、心臓病などの方は使用ができない場合があるという事です。その様な方々がレビトラを服用すると、急激な低血圧症を引き起こして卒倒したり、強く副作用が出たり、最悪のケースでは死亡してしまう可能性もあります。ですがら、レビトラなどのED治療薬を個人使用する方は、くれぐれも併用禁忌薬について知っておく必要があります。あるいは初心者・初体験者は、まずEDクリニックなどで医師の処方をもって使い始めると良いでしょう。そこで正しい知識を得て、安全に利用する様におすすめします。

レビトラの併用禁忌薬の代表はニトロ系薬品

普段服用している治療薬によっては、レビトラの成分と相乗効果を発揮して、両方の薬が効き過ぎたり、強い副作用で健康被害を受けたり、急激な低血圧症で倒れてしまう事があります。そこでレビトラの併用禁忌薬として、硝酸剤があります。代表的な成分はニトログリセリン系の薬品で、狭心症や心筋梗塞などの心臓病治療に利用されます。また硝酸剤は飲み薬だけでなく、貼り薬や吸入薬や注射、スプレーなどとして利用される為に、使っている薬の成分はよく確かめておきましょう。

併用禁忌薬をチェックしておきましょう

その他の併用禁忌薬としては、まず抗ウイルス薬があります。HIV治療を始め様々な感染病治療に用いられているために、その手の治療をしている方は医師に相談してください。また同様に内服の抗真菌薬や抗不整脈薬などもそうです。内服の抗真菌薬は水虫などの軽度の感染症治療薬で、比較的に使用される頻度は高いでしょう。これらはレビトラと併用すると薬の効き目が出すぎる事があります。ただし感染病でも、風邪薬は併用注意薬になっていません。それから抗生物質であるマクロライド系も要注意です。この薬にはCYP3A4阻害作用があって、血中濃度が上昇する事により効き過ぎたり副作用が出すぎたりして危険です。また薬ではないのですが、普段低血圧症の方は使用を控えましょう。そして半年以内に脳梗塞や脳出血や心筋梗塞を患った経験のある方も医師に相談しましょう。他にも肝臓障害や血液透析を定期的に行っている方なども要注意です。必ずしも使用禁止という訳ではありませんが、専門医の判断を仰ぎ、その指示に従う事が賢明でしょう。