レビトラの服用で頭痛がでることも

レビトラを服用する時には副作用にも注意しましょう

レビトラで注意すべき副作用とは?

日本国内で認可されているED治療薬の中で、勃起作用が最も強力なのがレビトラ20mg錠です。それでバイアグラからレビトラへ乗り換えているユーザーもかなりいます。ですが、効果が強いという事は副作用も比例して強く出るという事です。そこで注意すべきレビトラの副作用としては、まず頭痛が起こるという事です。これは脳への血流がいきなり高まる事で生じる副作用です。ただし痛みにはかなりの個人差があって、その時の体調などでも変わってきます。時にセックスに集中できない程の痛みを感じるケースがありますが、そんな時は静かに体を休めて症状が治まるのを持ちましょう。また同様の理由で『顔がほてる』とか『目が充血する』とか『鼻が詰まる』などもありますし、動悸がしたり胃や関節が痛むケースもあります。これらはED治療薬に共通する副作用で、中でもレビトラは他のED治療薬よりもスピーディーに体内吸収されるために、副作用の現われ方が早く、かつ強めに現れてしまうというデメリットがあります。

頭痛などの副作用の出方には個人差があります

この様にバイアグラ・レビトラ・シアリスとその他ジェネリックED治療薬全てで先に挙げた様な副作用を経験する事でしょう。ただし副作用の度合いは個人差が大きいために、一概にどれが強くてどれが弱いとは言い切れません。その人に合う・合わないといった事もあって、自分に合っているED治療薬を探す場合は実際に飲み比べてみるしかないでしょう。ただ一つの目安としては、普段お酒を飲むとすぐに頭がズキズキしたり、めまいを感じたり、動悸がする様なタイプの方は、やはりレビトラの副作用を受けやすいという事は言えるでしょう。そこで頭痛が強くてセックスに集中し難い場合は、あらかじめ頭痛薬を持っていって、症状によっては痛みを緩和させる事もできます。ちなみに頭痛薬はレビトラの併用禁忌ではないので、安心して利用してください。

レビトラ服用が心配な人がいます

レビトラを服用して多少の副作用が出る分には健康被害といった心配はありませんが、中には服用自体が問題になる人がいます。それは低血圧症の方で、血圧の上が100以下の方は医師に相談するべきでしょう。また高血圧症の治療薬を飲んでいる方もそうです。この様な人はレビトラによって極端な血圧低下になってしまう危険があります。また不整脈の人・抗不整脈薬を使用中の人・脳血管や心臓に問題のある方などは医師のアドバイスが必要でしょう。