レビトラと飲酒の影響

レビトラと飲酒がさらに優れた勃起効果を発揮します

晩酌が日課の方にはレビトラにどんな影響がありますか?

夕飯の時に晩酌をするご主人は多いものです。また大人のデートで飲酒を抜きにすると、ちょっと味気ない感じになってしまう事があるでしょう。それでお酒を頂いてからセックスをするカップルは非常に多く、飲酒とED治療薬は互いに出会う確率が高いと言えます。そこで心配になるのが、レビトラやバイアグラを服用する時、あるいは服用する前後にお酒を飲んでも大丈夫かという事です。アルコールでレビトラなどのED治療薬の効果が低下してしまうかもしれないと思うかもしれません。ですが、それは過度の飲酒の場合に限っての事、ほろ酔い程度の飲酒はセックスの潤滑油になるのでおススメです。

レビトラとお酒の相乗効果

その日にレビトラを服用する予定ならば、日頃よりはお酒の量を控え目にすると良い感じにリラックス状態がキープできるでしょう。そこでレビトラを服用するタイミングですが、夕食・飲酒の1時間前あたりがベストです。レビトラは即効性のED治療薬で、最短で15分もあれば体内吸収されていきます。そこで大事を取って1時間前に服用しておくと、その後美味しい食事をし、またワインやウイスキー、日本酒など好みのお酒を酌み交わすアダルトタイムを楽しんでからベッドインが出来るでしょう。それでED治療のためのレビトラ服用の場合、アルコールが血行をアップさせてくれるので、ペニスの充血率がさらに高まります。また心因性EDの方には精神の安定効果・リラックス効果が加わります。それで過度の緊張やプレッシャーから解放されて、性的興奮を高める相乗効果が得られます。

飲酒がレビトラの効果を台無しにする可能性

この様な影響があるために、ED治療薬・レビトラとお酒とは良好な関係にあると言えるでしょう。ただし先にも言いました通り、頭がフラフラする程飲んでしまうのはNGです。これは経験緒ある方もいる事でしょうが、アルコールで意識がぼんやりする状態では、性的刺激を受けても脳内が性的興奮状態にならない事があるからです。つまり神経系がマヒをしているために、性ホルモンの分泌が的確になされず、一向に興奮してこなくなります。そんな時は性欲が勃起力に変換されず、得てして大失敗をしてしまう事でしょう。またお酒にすぐに飲まれてしまう方も要注意です。無駄に気が大きくなって、せっかくの雰囲気を台無しにしてしまうかもしれません。余程仲の良い間でない限りはNG行為と言えるでしょう。