レビトラで遅漏に?

レビトラを利用していると遅漏になるという噂の真相!

レビトラ利用者が遅漏になったという話

ネット上ではレビトラなどのED治療薬の服用で遅漏になってしまったという話がたまに聞かれます。ED症状にある方には早漏で悩んでいるケースも多く、実はEDと早漏には密接な関係がある事が分かっています。ですからED治療で早漏治療薬を併用するケースが多いのです。ですが、それで遅漏にまで発展するというのは理屈に合いません。早漏改善薬であるダポキセチンは精神安定の脳内物質セロトニンを増やし、それで射精を遅らせる事が可能ですが、射精ができなくなるまで興奮を抑える働きはありません。その点ではレビトラの有効成分にも性的興奮を抑制する作用がありませんから、どちらにしても遅漏とレビトラなどのED治療薬との関連性はないと言えるでしょう。

遅漏になる原因について

現在、遅漏で悩んでいる男性は決して少なくありません。ですがこの傾向は最近増加している問題で、原因としてはAV鑑賞をしながら一気に射精までもっていく、刺激の極めて強いオナニーがあります。つまり膣内で加えられる性的刺激の何倍もの強さで擦り上げてしまうために、ペニスの性感帯が鈍感になってしまうためなのです。最近はセックスレスが流行していて、そういった男性はバーチャルな性行為でオナニーを楽しむ傾向が強いために、実際の女性とのセックスでは射精ができないとか、遅漏になってしまうという事です。

遅漏を改善する方法とは

では遅漏を改善するにはどんな方法があるでしょうか?それはちょっと努力と忍耐が必要になります。そこでオナニーの方法を見直しましょう。膣内で得られる刺激の強さに合わせたソフトオナニーを心がけてください。つまり柔らかくペニスを握って、腰を動かす程度のスピードで擦る様にします。ただし今までのオナニーに慣れてしまった性感帯は、そんな弱い刺激には反応してくれないでしょう。そこで想像力を高めるのです。AVから得られる刺激は控えて、頭の中でエロい事を想像し、それで性的興奮を高める様にしてみてください。もちろんペニスへの刺激はソフトにします。男性は脳でセックスをする動物ですから、外的刺激が少なくても十分に性的興奮を高める事ができます。つまりイメージトレーニングを積む事で、自分が望むタイミングでの射精コントロールを身に着ける事ができるのです。もちろんEDケアとしてレビトラなどのED治療薬を服用します。キッチリと勃起させて、集中力を高め、そして良いタイミングで射精する訓練をしていきましょう。