レビトラが効かない場合

もしレビトラが効かない場合は次のポイントをチェック!

レビトラが効かないケースがあります

70~90%の勃起成功率を誇るED治療薬・レビトラですが、ED症状を示す人の中には、なぜか効果が出なかったという経験が少なからずあります。例え中折れ程度の勃起不全でも、効いたり・効かなかったりのケースがあるのです。実は、その原因には服用方法や体調などが関係しています。そこでレビトラの効果を邪魔する原因と、その解決策についてチェックしてみましょう。

レビトラが食事の影響を受けるケースとは

レビトラの有効成分は水溶性であるために、比較的スムーズに消化吸収され、バイアグラの様にシビアに食事の影響を受ける事がありません。ですが空腹時の服用がベストである事も確かです。そこでレビトラが効かなかった時の服用状況を思い出してください。まず満腹になるまで食事をした後ではなかったですか?それだけたくさんの食べ物が胃の中に詰まっていれば、さすがに吸収率は落ちてきます。また脂っこい物をたくさん食べませんでしたか?有効成分のバルデナフィルが油分に取り込まれてしまい、吸収ロスが生じます。公式データでは、食事の総エネルギー量の30%を超える脂質を食べた場合に効果が半減するとあります。ですから食後にレビトラを服用する場合は、少なくとも腹7分目に控え、あっさりとした消化の良いものを食べる様にしましょう。また頭がクラクラする程の飲酒も、性的興奮を阻害して効果減退が見られますので要注意です。逆にほろ酔いレベルの飲酒は勃起力をアップさせます。

レビトラが体調の影響を受けるケース

またレビトラなどのED治療薬は、得てして心因的な影響を受ける事があります。例えば大きな悩み事を抱えていたり、仕事などのストレスが蓄積しているとレビトラを服用しても勃起できないケースが起こるのです。これは性的刺激による男性ホルモンの分泌が低下するために、性的興奮が起きなくなります。特に神経質な方によくあるケースで、この場合は精神的なケアも併せて行うべきでしょう。EDクリニックではレビトラと精神安定剤の処方がよくなされます。ですがそれよりは天然漢方系の精力サプリを毎日服用して、体調や精神状態を改善させる事、またしっかりと睡眠を摂ってストレス・慢性疲労を回復させる事、食事で糖分・炭水化物を減らし、その分タンパク質やビタミン・ミネラルの食事を心がける事で対応できます。つまり、単にレビトラを飲めば必ず勃起するという訳ではない事を知っておくと良いでしょう。